« きかんしゃブルーノ | メイン | 2016シーズンスタート »

2016年1月 5日

ようこそ

 あけましておめでとうございました。

 さて、いっこうに音沙汰のなかった北海道コンサドーレ札幌の補強戦線ですが、年が明けてようやくクラブからの新戦力加入の公式リリースがありました。1件目はヴィッセル神戸のDF増川隆洋選手の移籍加入、そして2件目はブラジル人助っ人のマセード選手とヘイス選手の移籍加入です。

 増川選手は1979年11月8日生まれ。大阪商業大学から2003年にアビスパ福岡に加入、2005年から2013年まで名古屋グランパスでプレイし、2014年から昨季までの2シーズンをヴィッセル神戸でプレイしました。36歳とベテランですが、191cmという巨躯を生かしたヘディングの強さには定評があるので、空中戦の弱さに泣いた札幌の心強い戦力になってくれることでしょう。

 そしてマセード選手。フルネームはDiego Macedo Prado Dos Santos、1987年5月8日生まれの28歳。誕生日が5月8日というのは野々村社長とも同じで、藤井ゆきよさんやうちの息子とも同じです。2007年にウニオンバルバレンセでプロキャリアをスタート、2010年にコインブラMGというチームに移籍してからは、そこ所属のままあっちこっちにレンタル移籍を繰り返していたようです。ただこのコインブラMGというチームはミナスジェライス州リーグ2部のチームみたいなんですが、公式サイトもないしほとんど情報がありませんね。レンタルでプレイした中にはコリンチャンスやアトレチコミネイロといった強豪チームもあるので、能力自体はありそうですが。
 主なポジションは右サイドバック、クロスに自信ニキのようです。サイドをいい感じにえぐってはあさっての方向に飛んでいくクロスボールにサポーターが泣いた札幌の心強い戦力になってくれることでしょう。

 最後にヘイス選手。フルネームはJonathan Jackson De Lima Reis。ジョナサン・ジャクソンというのはラテン系では珍しい名前ですね。1989年6月6日の26歳で、アトレチコミネイロのユースチームから2007年にオランダ1部のPSVへ加入し、2010年まで(2009年はブラジルのTUPI FCというチームにレンタル移籍)所属したあと、2011年から2014年までフィテッセでプレイしています。フィテッセ時代には元札幌U-15のハーフナー・マイク選手ともプレイしていますね。
 他のJクラブを経ずに札幌に来るレベルのブラジル人助っ人としては珍しくWikipediaに日本語のページがあるので調べてみたら、「2010年1月24日、薬物使用を理由にPSVから解雇された。以前から生活態度の問題やホームシックもあり、2009年まで戦力外だった。」というとても興味深いことが書かれていました。

 うわぁ、ほんまもんや!!

 これまで何度も書いているとおり、「実績も技術も人間性も超一流」なんて選手を我が札幌が獲れるはずもないですから、ブラジルの強豪チームのユースからトップチームを経ずにオランダの名門クラブへ移籍するほどの選手が、うちみたいなチームに来るとなればまぁそれなりに理由があるだろうとは思いましたけど、これは久しぶりにヤバそうな選手が来ましたね、いろんな意味で。
 決定力はあるけどカードに泣かされる予定のナザリトが試合に出てこなくて泣いた札幌の心穏やかじゃない戦力になってくれることでしょう。

 ちなみに、クラブの公式発表ではマセードもヘイスもバイーアから来たことになっていますが、マセードがバイーアにいたのは2014年の3月19日から12月31日まで。2015年1月5日から5月14日まではブラガンチーノでプレイしていたようです。ヘイス師匠がバイーアにいたのは2014年の1月1日から1月16日までのわずか2週間あまりみたいなので、おそらく両者の面識はないでしょう。
 ヘイス師匠はその後トンベンセからアマチュアのクラブ?を経て、2015年7月29日から12月30日までトルコ2部リーグのボルスポルというチームにいたようですが、調べた限りでは試合に出場した記録は見つかりませんでした。
 なお、マセードは2012年にリネンセでプレイした際に、当時同チームのコーチだったブルーノさんと一緒だったようですので、馴染むのも早いかも知れません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kingofsapporo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1051

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

アーカイブ