« 負けは負け | メイン | 2-0は危険な(ry »

2017年5月12日

こうどなさくせん

2017年ルヴァンカップグループリーグA第3節
北海道コンサドーレ札幌 1-1 大宮アルディージャ

 リーグ、カップとも未だに勝利なしと不振の大宮アルディージャと対戦。10日後にリーグ戦での試合が控えているため、いわば前哨戦といった感じの位置づけとなりました。

 もともと残留争いとは関係ないカップ戦ですから、ざっくり若手に経験を積ませる場と割り切ったつもりでしたけど、2連勝でなぜか首位という居心地の悪い場所にいてしまい、どうせならグループリーグ突破を目指したいなどとちょっと色気も出てきてしまってるところ。
 とはいえ相変わらずけが人が多い現状で、しかもこの試合は札幌は大宮からの期限付き移籍中の横山知伸が、契約上の理由で出場できないという状況。ケガで戦列を離れていた菊地直哉が復帰したことだけが好材料です。
 週末にはジュビロ磐田とのアウェイ戦を控えていることもあり、なるべく主力に疲労は残したくない一方で、大宮に今季初勝利を献上してしまうというのもリーグでの対戦に影響しかねないジレンマもあり、結局レギュラークラス、特に人の少ないサイドの選手を起用せざるを得ない状況に。

 それでも札幌は開始からペースをつかみ、前半16分には田中雄大のクロスを上原慎也が折り返したところを、走り込んできた小野伸二が左足でしっかりと蹴り込んで先制。
 その後も押せ押せムードで試合を進めますが、FW陣がいまいち消極的なプレイに終始し、追加点は奪えず。前半のうちに追加点を取れていればまた違っていたのかも知れませんが、それができなかったことで流れは悪いほうへ傾き始めます。

 前半、何本もクロスを供給していた田中雄大と、最終ラインを統率していた河合竜二という、よりによってその二人かよという選手が揃って故障し、交代を余儀なくされます。

 最終ラインをできる人はベンチに福森晃斗と濱大耀しかいません。菊地さんが3バック中央というのは問題ないとしても、さすがに濱くんと進藤を2人とも面倒見ろというのは、ここが戦場なら3人まとめて戦死するパターンです。となるとできれば使いたくなかった福ちゃんを使うしかないわけで...。
 サイドにしても、石井謙伍を左に回して右に早坂良太を入れる手もあったと思いますが、やはり週末を考えると早坂さんを長い時間使いたくはありません。福ちゃんを使わなければいけないのであればなおさらです。
 結果、ヨモさんが行使したのは「ガースーへの愛のムチ」でした。

 しかしやはり急増システムといってもいい布陣では前半のような勢いを作ることはできず。逆に徐々に大宮の時間を許してしまいます。
 それでもなんとか大宮の攻撃をしのいでいた札幌ですが、後半40分についに大宮FW瀬川に同点ゴールを許してしまいました。

 結局試合はこのままタイムアップ。「勝点を上乗せしつつ、札幌ごときに負けたというダメージを与えず渋谷体制を継続させる高度な作戦」でかろうじて首位を守ったのでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kingofsapporo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1078

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ