サッカー百鬼夜行

第40節 対大宮アルディージャ(テレビ観戦)
2000.10.29(SUN) 札幌厚別公園競技場

コンサドーレ札幌 2-0 大宮アルディージャ
エメルソン【22分】
播戸【60分】
1-0
1-0
 
スターティングメンバー
洋平 GK 白井

キャプテン
健作
DF 上村
奥野
纏足おばさん
岡本
カツヲ
ノノ
三平
優津樹
長作
MF 宮下
浮氣
マーク
原崎
俺王子
バンバン
FW 野口
ジョルジーニョ
優津樹→黄川田【75分】 交代 浮氣→西脇【45分】
宮下→星【45分】
野口→磯山【73分】

試合の感想
 今節の相手大宮アルディージャは昨季の順位こそ札幌に次ぐ6位でしたが、昨季の終盤では東京・札幌・川崎フロンターレを連破したり、上司に雑巾を絞ったお茶を出したり、爺さんにババ汁を喰わせるなど曲者っぷりを随所に発揮し、今季の開幕前には昇格レースのダークホースに挙げられましたほどのチームです。しかし、ここまでのところ順位こそ4位をキープしているものの、上位3チームとの対戦はこれまで1勝8敗という成績で、現在のところはまだ昇格争いをする力を持つまでには至っていません。
 そんな大宮は、昨季まで指揮を執っていたピム監督が推し進めた「オランダ式モダンサッカー」は今季の三浦監督にも継承され、オランダの組織的なシステムを積極的に採り入れて試行錯誤しているため、「Jリーグの杉田玄白」と呼ばれています(いません)。
 前節に平塚で昇格を決めた札幌は、翌日浦和が勝ち点3を得たために優勝はこの試合に持ち越され、この試合引き分け以上で優勝が決定します。そんな札幌のメンバーですが、出場停止の森が戻ってきたものの山瀬と藤ヶ谷がU-19代表の合宿にドナドナで、負傷の癒えない田渕もいないという状況です。その山瀬の代わりには清水がベンチ入り、田渕の代わりに小松崎という、オレ一人がワクワクするメンバーでキックオフ。

 数字上はまだ昇格の可能性を残している大宮ですが、その確率は近藤マッチがF1のシートを獲得するよりも低いくらいの可能性です。大宮のサポーターにとってみれば山形のような大乃国根性を杉田玄白に見せてほしいところでしょうが、優勝シーンを見たさに詰めかけた過去最高数の観客、なおかつクソ寒いという、さながらマクー空間のような厚別にビビッた大宮は、いまいち集中力が感じられません。試合は開始当初から当社比4倍パワーで札幌が大宮を攻め立てます。
 大宮が変形ロボでも呼ばない限り負ける心配はなさそうな雰囲気でしたが、その変形ロボになりそうだったのが本日の主審・モットラムさん。いやジャッジング自体は悪くないんですけど、なんせこの主審は1枚出すと止まらなくなるという方で、業界ではモットラムか円楽かと言われるほどです。すぐにいらんカードをゲットしたがるうちのFWが通算4度目の出場停止にリーチがかかっている上、通算カード枚数が仙台のリカルドに追いつかれてしまったため、妙なライバル心を燃やしていないかものすごく不安です。
 しかしそんな不安をよそに、22分にはFKからの健作の取り立ててひねりがあったわけでもないFKからのロングボールを、大宮DFが2人掛かりで処理を誤っている間に俺王子がボレーで決めて先制。ヤンと並ぶことによって相手の遠近感を狂わせる作戦により、俺王子3試合連続のゴールです。

 リズムのつかめない大宮は後半開始当初から2人を代えて巻き返しをはかりますが、マクー空間でアドレナリンの充満した札幌選手は大宮に付け入る隙を全く与えません。アドレナリンといえば、以前会社の女子がアドレナリンのことを「なんていうんだっけ、ほら、ヘモグロビン?」と言っていたのを思い出しましたが、もちろんこの試合とは関係ありません。
 そして迎えた後半15分、大宮DFのボールを無理矢理奪い取った俺王子が右サイドを深く進入し、ゴール前にグラウンダーのクロス。ゴール前に猛然と走り込んできた決める気満々の優津樹がこれを空振りして万事休すと思われましたが、さらに走り込んできた播戸が合わせてこちらも3試合連続ゴール。あ、今思ったんですけど、「万事休す」と「播戸竜二」って何となく語呂的に似てますね。似てませんか? 似てないならいいです。まぁそんなわけで、優津樹の空振りが結果的に見事なフェイントとなるというジェットストリームアタックで2-0。
 こうなれば押せ押せムードの札幌。大宮は野口に代えて磯山を入れるも流れは変わりません。黄川田を投入して(生け贄は優津樹)追加点を狙う札幌ですが、俺王子の絶妙なクロスをゴール前で待ちかまえた野々村が、頭で押し込めるボールをなぜかオーバーヘッドに持っていき失敗するというよけいなファンサービスをしたりするなど決め手を欠き、追加点は奪えません。

 そうこうしているうちに大宮もようやく少しは意地を見せないとと思ったのか、終了間際に布袋寅泰のようにしぶといあがきを見せますが、全てが遅すぎそのまま試合は終了。モットラムさんご乱心によるカードゲットが心配された俺王子ですが、播戸が身代わりにカードをもらったため何とか無事にリーグ優勝を決めたのでした。
 あ、さりげなくいろいろと期待していた小松崎は、今日は割といい動きでそれなりに存在感をアピールしていましたが、ある方面(BBSでのちびウサさん)からのタレコミによると、試合終了後選手に配られた優勝記念Tシャツが小松崎の分だけなかったという噂が。ついにはチームスタッフからもその存在感を消し去った彼の生き様に、優勝の感動とはまるで関係なく涙していたサポーターも多かったという話です。

印

戻る