サッカー百鬼夜行

第41節 対サガン鳥栖(テレビ観戦)
2000.11.5(SUN) 鳥栖スタジアム

サガン鳥栖 2-0 コンサドーレ札幌
片渕【32分】
ルシアノ【64分】
1-0
1-0
 
スターティングメンバー
高嵜 GK 小林
松田
川前
佐藤
DF キャプテン
先生
健作
島岡
矢部
三原
高木
北内
MF カツヲ
ノノ
三平
優津樹
長作
片渕
偽リバウド
FW バンバン
黄川田
高木→井原【64分】
片渕→石谷【74分】
交代 黄川田→大砲(元)【59分】
カツヲ→ジロー【68分】

試合の感想
 優勝の興奮さめやらぬ今節はサガン鳥栖とのアウェイ戦。このサガン鳥栖というチームは、1994年にPJMフューチャーズという静岡のチームを誘致して誕生した鳥栖フューチャーズというチームが前身です。ところがそれから3年後に運営会社が経営難で倒産、チームは解散となってしまうのですが、鳥栖市民の存続運動によって市民クラブ・サガン鳥栖として不死鳥のように復活しました。
 日本でもトップクラスに素晴らしいスタジアムである鳥栖スタジアムをホームとしていながら、日本の市民クラブの宿命なのか決して盤石ではない経営基盤では思い切った事も出来ず、今のところはなかなか常に表舞台に立つことが出来ないため、「Jリーグの石原慎太郎」とは呼ばれていませんので、いい加減このパターンやめようと思います。

 さて、この鳥栖スタジアムでの対戦は今季の開幕戦以来です。このときは、ベールを脱いだ俺王子が名刺代わりのハットトリックを喰らわせて0-4で快勝しています。まぁその出した名刺も厚別でしっかり折られたんですけど、今季最後しかもホームでの対戦だけに、鳥栖としても2部チャンピオンに一泡吹かせたいところでしょう。そんな鳥栖は、当然のように「札幌にはめっぽう強い男」ルシアノと、前回の対戦でも得点を挙げた片渕をスタメンで使ってきます。
 対して、2年越しの優勝決定から1週間が過ぎてすっかり気が抜けたであろうコンサドーレ札幌は、藤ヶ谷と山瀬がユース代表にドナドナの上、肩の故障を持つ洋平と終盤は故障でヨレヨレだった田渕がオーバーホールのため欠場、さらに俺王子が「家庭の事情で緊急帰国」という大技を駆使して欠場、さらにDF森も家庭の事情で急遽遠征メンバーを離れてしまい、ディフェンスラインは右に名塚、センターに古川が入り、GKは小林、右サイド小松崎、2トップの一角には黄川田というメンバー構成。森の離脱によってサブメンバーはGK井上、DF大野、MF清水、FW高木の4人だけという、川淵氏も木之本氏もチャチャの入れようのないくらいやんごとなき理由によるメンバー構成です。無い袖は振れません。
 まぁ札幌にとっては残り3試合は実質消化試合なわけですから、勝ち負けを度外視してリーグ終了後に控える天皇杯に向けてレギュラー陣を休ませ、バックアップメンバーに経験を積ませるといった感じでポジティブに考えられないこともないんですけど、何しろ俺王子のいない2トップなんて飛鳥の欠けたチャゲ&飛鳥みたいなもんですし(曲が作れません)、森のいないセットプレーなんて武富士のCMで真ん中のネーチャンがいないようなものです(端っこの人には誰も注目しない)。そんなに選手層は厚くない札幌だけに、やはり相当不安です。「ピンチヒッター八重樫」より不安です。

 で、試合のほうですが、やっぱりというかなんというか、もう溜め息しか出ませんでした。ハァ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ドアンドウェット! なんてギバちゃんもまっつぁおのダメ試合で、勝つ気満々のサガン鳥栖を相手に全くゲームを作れません。32分に片渕にヘディングでゴールを割られるとその後は一方的な鳥栖ペース。後半19分にはカウンターからやっぱりルシアノに決められ2点目を献上。この日の調子では、播戸と黄川田が5分以内に交換日記を5往復でもしない限り高嵜から2点も奪えるとはとうてい思えません。
 それでもいくつかいい形を作りながらも予想通り高木モードに突入した矢先にビジュが2枚目のイエローで退場して一巻の終わりです。加えて76分には野々村にも累積4枚となるイエローカードが出される始末でして、まぁ接触プレイをほぼすべて鳥栖ボールにしていた大西主審への不信感があったとは思いますけど、いずれにしても次節は守備的MFが揃って欠場決定です。これでますます合法的にサブメンバーを出せると無理矢理ポジティブに考えられないこともないんですけど、中盤の真ん中が2人一気に欠場というのは、狩人から2人抜いたらなんにもいなくなるのと同じで、いくら何でもマズいと思います。
 とはいえ、まぁ試合としてはこんなもんでしょう。前半を見れば右サイドが機能していないのは明らかでしたけど、だからといって今日のような気合不足の状況でメンバーを代えてどうにかなる問題でもないですしね。監督にとってみれば、笛吹けど踊らずというか、三つ子の魂百までというか、この子の七つのお祝いにというか、とにかくこういう試合が一番苦労するんじゃないかと思います。

 なんて思いながらスカパーでヌマンシアvsレアル・マドリーの試合を見ていたら、これがもう、同じような感じのマドリーのダメゲームで、1部リーグ2シーズン目というヌマンシアになすすべなく3-1で完敗するというダメっぷりでした。チャンピオンズリーグのグループ1位抜けを確定させたマドリーの選手が、試合に全く気持ちが入っておらず、今節の札幌のゲームをそのまんま観ているようでした。
 イヤ、もちろん日本の2部チャンピオンの札幌とヨーロッパチャンピオンのマドリーとじゃ、チームとしてのスケールは(借金のスケールも)相当の差がありますけどね。いわば1/144レアル・マドリーとなったコンサドーレ札幌、次節のメンバーが楽しみでなりません。ヤケ。

印

戻る