サッカー百鬼夜行

第3節 対サンフレッチェ広島(テレビ観戦)
2001.3.31(SAT) 広島ビッグアーチ

サンフレッチェ広島 1-0 コンサドーレ札幌
久保【39分】 1-0
0-0
 
スターティングメンバー
ダーシモ GK 洋平
トゥーリオ
ポポヴィッチ
上村
DF
殿
健作
駒野
桑原
服部
森崎(兄)
MF タブチ
ノノ
ナメック星人
長作
山瀬
阿波ダンサー
久保
梅田
FW バンバン
俺王
梅田→高橋【54分】
森崎(兄)→藤原コリカ【63分】
阿波ダンサー→サワケン【82分】
交代 山瀬→優津樹【68分】
タブチ→森川【79分】
長作→黄川田【79分】

試合の感想
 2連勝と波に乗る札幌は、サンフレッチェ広島とのアウェイゲームに臨みます。若手の育成やコストパフォーマンスの高い外国人選手の獲得に定評があり(今西総監督の力が大きいのでしょう)、優勝経験もあり天皇杯でも好成績を残している広島ですが、札幌と同じようにローカルチーム、なおかつ抱える選手も全体的に地味、さらに昨季までの手持ち武器は「カウンターとセットプレイ」という、おしなべてセールスポイントに欠けるという点で、往年のCHA-CHAのような印象を受けるチームです。
 ある意味よく似たチームの広島と札幌ですが、もちろん地味と言っても札幌よりは有名選手も多いし、優勝したことがあるし、同じカウンターチームでもセットプレイが得意でない札幌よりは格が上なんですけど、コンサドーレしかない札幌と違って広島にはカープというプロ野球チームがあるせいか、観客動員もあまり芳しくありません。そのため、今季から攻撃サッカーで名を成したヴァレリー・ニポムニシ監督を迎え、お客さんの呼べるような派手なサッカーへの転換を図りました。しかし2試合で2得点6失点で2連敗という、今のところはバンザイ特攻サッカーです。

 そんな「玉砕サッカー」は札幌にとってみればカウンターの絶好の餌食だったはずで、実際オレも試合前は「今の広島なら勝てるだろう」なんて素人丸だしなことを考えていたんですけど、よく考えてみたら攻撃的なのはあくまで日本虫監督なのであって、広島の選手たちはもともと「堅守からのカウンターが大得意」だった昨年と顔ぶれは変わっていません。言うなればメンバーは同じなのにMAXとスーパーモンキーズは別だと思っていたようなものでして、代表戦の絡みで日程が空いたおかげでポポヴィッチが復帰出来て、戦術を立て直す時間はあったんですよね。
 しかも広島は次節にアウェイでの柏戦を控えており、この札幌戦を落とすとホントにシャレにならない状況にもなりかねないだけに、札幌を叩き潰すことに照準を定めてくるのも当然といえば当然。札幌は宮の沢の練習場が使用できずに仙台で緊急のミニ合宿を行わざるを得なかったため調整不足は否めず、移動続きによる選手の肉体的・精神的疲労もあったでしょうから、これまでと以上に厳しい試合になるのも納得のいく話。って、今から言ったってしょうがないんですけどね。

 というわけで試合は、いつものように「相手に攻めさせて油断させておいてその隙を付く」というセクシーコマンドーサッカーですから開始早々から圧倒的に攻め込まれるのはもはやお約束としても、これまでの2戦の通りなら「出玉チャンスのモーニングタイム」は20分で終了するはずなのに、今日はその時間を過ぎてもいっこうに流れは変わりません。
 札幌はカウンターを見舞おうにも俺王とバンバンにほとんどボールが回らず、得点の予感が全然しません。そうこうしているうちに前半39分、藤本のスルーパスを服部が折り返すと、中央で待ちかまえていた久保が得意の左足で強烈なシュート。セーブしようとした洋平の右手を吹っ飛ばしてゴールにぶち込みました。
 確かに久保のシュートは見事だったのですが、気になったのは田渕が服部にあっさりチギられたこと、カウンターを受けたわけでもないのに中央の久保をフリーにさせていたこと。特に田渕はこれまでの2試合でもチームの勝利に隠れてはいたものの動きの悪さが目に付いていただけに、ちょっとというかかなり心配です。今までなら「目立たないけど効いている」選手だったのに、ここのところ「効いてないのが目立っている」選手になってしまっています。テレビに出ていたときの猿岩石みたいです。あの程度の選手ではないはずなんですけどねぇ。

 1点を追う札幌は後半広島陣内に攻め込みますが、復帰したポポヴィッチ、トゥーリオ、上村という上背のある選手を揃えた広島の最終ラインは強固です。トゥーリオは本気で年齢詐称を疑うくらいいい選手だし、特にキャプテン上村のバフンウニのような髪型は威圧感バツグンです。そんな相手に対して単純な浮き球のクロスが通用するはずもありません。もう少し意表を突いて、例えばDFラインとGKの間のスペースに落としてみるとか、後ろに誰もいないのにスルーしてみるとか、目でピーナッツを噛んでみせるとか、そこまでやらないと。唯一試合終了少し前に俺王様が相手ゴール前のスペースに走り込んで来た味方選手の足下にピンポイントのパスを出すという絶好のチャンスを迎えましたが、そこに走り込んでいたのは黄川田のケンちゃん、利き足は頭のナイスガイだ! そんな彼がハーフボレー気味に叩いたボールは、「ゴールマウスの片山右京(顔が)」こと下田をこれっぽっちも慌てさせることなくゴール左へさようなら。万事休す。
 結局試合は1-0のまま終了しました。前日から降り続いていた雨も試合の時にはすっかり上がり、春めいた日差しさえ差し込んでいた広島ビッグアーチ。そんな中での試合で札幌が今季初黒星を喫したのも無理のない話なのかもしれません。陽の当たらないチームだけに。

印

戻る