サッカー百鬼夜行

第5節 対清水エスパルス
2001.9.15(SAT) 札幌ドーム

コンサドーレ札幌 3v-2 清水エスパルス
アダウト【49分】
ウィル【79分】
堀井【104分】
0-1
2-1
1-0
沢登【7分】
吉田【89分】
スターティングメンバー
洋平 GK 羽田

先生
健作
DF 大榎
森岡
古賀
板長
ゴンザレス
三平
アダウト
山瀬
MF 市川
伊東
吉田
アレックス
ノボリ
バンバン
俺王
FW 久保山
横山
バンバン→岳也【79分】
アダウト→森川【83分】
三平→優津樹【90分】
板長→タブチ【90分】
交代 ノボリ→平松【70分】
横山→山崎【81分】
久保山→バロン【100分】

試合の感想
 今年最初で最後のホーム巡礼。とは言ってもまぁ高知もコンサドーレ主催だったので厳密に言えば2度目のホームゲームとなるわけですが、一応ホームタウンでの開催という意味では最初で最後となる試合です。その機会をわざわざ毎度惨殺を喰らっている清水エスパルスとの試合に持ってくることもないんじゃないかと我ながら思いますが、「9月になると飛行機が安い」「せっかくだからドームを見てみたい」「厚別よりドームのほうが実家から近い」「恐竜がいたら球乗り仕込みたい」という理由で、やってきました札幌ドーム。かの白石美帆さんが形容した「家庭用ポップッコーンをつくるときのあのアルミホイルの膨らみそのもの」という表現はまだいいほうで、今のところあまりいい評判を聞かない施設なのですが、間近で実際にオノレの目で見てみた限りではコレは野球場でもサッカー場でもない、単なるガウ攻撃空母だと思いました。
 この日はJALサンクスマッチということでJALのアテンダントによるダンスチームも登場、高知以来の生コンサドールズwithドーレくんと共に繰り出すダンスを見ながら、ああ、この場にウィンタースがいれば一緒に踊ってくれただろうなぁなどと思ったりもしましたが、それはともかくとしてこのJALチームは本家コンサドールズよりキレイな人が多かったです。

 そんな感じで札幌まで乗り込んできた清水エスパルスは、戸田が「髪型が放送禁止」という理由で出場停止、斎藤俊秀がケガで欠場、安永がクラブともめて謹慎中ということでメンバー外ということで、戸田の代わりには吉田(誰?)、斎藤の代わりに大榎、2トップが久保山と横山で。あとは危険な両サイドを含めていつもと同じメンバー。
 その清水を迎え撃つ札幌は、ノノも名塚もいない状況は変わらないものの前節欠場した森が強行出場。3バックの真ん中には前節に引き続いて古川先生が務め、岡ちゃんの清水のサイドアタック対策なのか左サイドはアダウト、右のウィングバックに田渕ではなく森下を入れ、ボランチには今野を抜擢、まず相手の攻撃の起点を潰すという非常にわかりやすい布陣を敷きました。

 ところで、試合前ピッチの様子を確かめに出てきたスーツ姿の背の高い外人さんに対してゴール裏のサポーターからも「あれは誰?」と様々な憶測が飛び交っておりました。もちろんあーだこーだ言ったところで真実が明らかになるはずもなく、仕方ないので「アンソニー」と適当に名前を付けて呼んでいたんですが、実はこの人こそがドイツから招聘された主審だったようで、そのアンソニーの笛で試合が始まりました。
 立ち上がりから相手陣内に攻め込む札幌はオープニングシュートを今野が放つなど積極的に攻撃を仕掛けます。「おお? 今日はいけるんじゃないか?」と何となく思わせる展開でしたが、やはりそこはコンサドーレ、前半7分に右サイドを市川に突破されると、折り返しのボールをするすると入ってきた沢登にちょんと合わせられて失点。流れのいい時に限ってあっさりと、しかもアホみたいなやられ方で先制点を献上するあたりはさすがです。
 とはいえ、清水もこの得点シーン以外はカギを握る両サイドの動きもあまりよくなく、アダウトが市川を、森下がアレックスをよく抑え、日本平の時ほどには怖さを感じません。0-1とスコア上では負けてはいるものの、いい形を何度も作った上に俺カードゲットも繰り出されるなど勝負にはなっている、っつうか1失点で済んだだけでも上出来だよねグスタフ!(←誰?)

 そして後半開始早々、アダウトが俺王様のポストからのこぼれ球を左足アウトフロントにかけて無理矢理振り抜き同点。シュート回転のかかった文字通り「シュートシュート」は、本人が尊敬しているらしいロベルト・カルロスを彷彿とさせました。ただ、たまに守備をサボるのは見習わないでほしいです。
 同点に追いついて俄然動きの良くなった札幌は、3万5千人の圧倒的な声援をバックに清水を攻め立てます。岡ちゃんは畳みかけるように後半34分にバンバンに代えて山形から移籍したばかりの堀井を投入、その直後に堀井が左サイドで粘ってキープしたボールを、アダウトがまたして無理矢理左足アウトサイドでセンタリング、このボールをキャッチしたはず羽田がなぜかファンブルしてしまいます。ボールが転がった先にいたのは…やはり俺王様。きっちり左足で押し込み逆転に成功しました。この日あまり調子の良くなかった俺王様ですが、それでも全然動かなくてもボールのほうが勝手に来るというニュータイプっぷりはさすがです。
 そしてそのまま時間は進み、もはやロスタイムを残すのみとなった後半45分、今日こそは逃げ切ってくれとサポーターが祈る中、カウンターからアダウトと交代で入った森川が抜け出しました。そのまま相手のゴールラインまで持ち込んでキープすれば守りきれると思っていたら、何を思ったかいきなり森川が切り返し。おい、まさかセンタリング上げる気じゃねぇだろうな、と思ったらやはりそのまさか、あっさり中に入れたクロスボールを受けたビジュがボールを相手にかっさらわれ、そのまま逆に攻め込まれて吉田に同点ゴールを喰らってしまいました。
 すいません、正直に白状しますが、今回初めて選手を殴りたい衝動に駆られました。森川よぉ、逃げ切りのために投入された選手があの時間帯で簡単にクロスボールを中に入れてどうするよ。きっちりマイボールにしておけば逃げ切れた試合じゃねぇか。いい加減残り5分からの戦い方を覚えようよ…。

 とはいえ、今節の札幌には「延長になると負ける病」なんて全然知らない男が1人いました。先週山形からやってきたばかりの男・堀井岳也です。そのビジュアル系なツラに似つかわしくなく、プレイスタイルはまったくもって犬なのですが、そのワンワンっぷりを存分に発揮、延長前半14分に健作からのクロスを右足で決めてVゴール。清水からの初勝利とドームでの初勝利をもぎ取った彼のJ1初ゴール、そしてこの日最終ラインでトラップミスやクリアミスを連発した古川先生の極上のスペクタクルが印象に残った試合でした。

印

戻る