サッカー百鬼夜行

第13節 対ジェフユナイテッド市原
2001.11.10(SAT) 市原臨海競技場

ジェフユナイテッド市原 2-0 コンサドーレ札幌
崔【47分】
崔【61分】
0-0
2-0
 
スターティングメンバー
立石 GK 洋平
茶野
エースケ
メグミ
DF ゴンザレス
先生
健作
坂本
阿部
ムトゥ
村井
ムイチン
MF タブチ
三平
板長
三沢
ノノ
大柴(本物)
FW バンバン
俺王
大柴→林【75分】
ムイチン→長谷部【88分】
坂本→三上【分】
交代 三沢→優津樹【55分】
タブチ→黄川田【73分】
板長→中尾【87分】

試合の感想
 前節J1残留を決めたコンサドーレ札幌の今節は、ジェフユナイテッド市原とのアウェイ戦です。今年もっとも躍進を遂げ、1stステージでは2位という全ての人の予想を覆したと言ってもいい好成績を挙げたチームです。「ジェフ的精神力(byやまかん氏)」と言われたメンタルの弱さも影を潜め、「性転換手術を受けた」と疑いたくなるほど別チームのような快進撃を見せました。多少勢いは衰えたとはいえ、2ndステージも現在3位とすっかり自信をつけたようです。

 骨折したGKの櫛野と捻挫の田畑以外に主力に大きな怪我人もなく出場停止もいない市原ですが、浮沈を握る3人の外国人・じゃじゃ丸、ぴっころ、ぽろり…じゃねくて崔龍洙、ムイチン、ミリノビッチのうち、前回の対戦で出場停止でいなかったミリノビッチが自国の代表の関係で帰国し今回も欠場。そこにつけ込みたいところですが、その穴を埋めるのは当然中西で、同じく前回はいなかった阿部がスタメン出場と怖いことには変わりなし。
 前回ホームで逆転Vゴール負けを喰らっている札幌はアウェイで雪辱を期したいところですが、せっかく治った足首をまたケガさせたアダウトと山瀬が欠場となってしまい、名古屋戦、浦和戦後半と同じメンバーという若干不安の残る布陣。ノノが休み明けを2度叩かれてどこまで良化しているかがポイントです。

 というわけで雨が降りしきる中、期待と不安の入り交じった前半がスタートすると、驚いたことにもう初っぱなから得点の予感がぷんぷん漂ってきます。相手がボールをもったら複数人数で素早くプレッシャーをかけ、相手がもたついたら最後ガッツリかっさらい、両ウイングバックが素早いサイドチェンジから積極的に裏に飛び出してクロスを入れ、スルーも織り交ぜながら2列目、3列目が飛び込む流れるような攻撃を見せ、相手に攻め込むスキをほとんど見せません。素晴らしいです。市原は
 名古屋の時は相手が動かない分だけ怖くはありませんでしたが、さすがに市原は上位にいるだけの裏付けはあって、いつ点を取られてもおかしくない雰囲気です。ホント、何でコレで4,400人しか入りませんか? それでも守備陣の踏ん張りもあって何とか無失点で前半終了。とはいえ、中盤でボールをキープできないため守備陣にかかる負担はものすごく、何とか手を打たないといずれ破綻を来しそうな展開です。キャメルクラッチを我慢し続けてラーメンマンに胴体をちぎられたブロッケンマンのようにならないといいんですが。

 で、後半。やはりというか何というか開始早々にいきなり村井に右サイドを破られ崔龍洙に頭で決められ、一番やりたくなかった先制点を献上してしまいます。早めに追いつきたい札幌ですが、残留が決まって一安心してしまったのか、一歩目のスタートが遅く動きの量も少ないためボール保持者がもたもたしてじぇんじぇんパスが繋がりません。名古屋戦と同じように俺王様にボールを預けてもフォローがいないためにそこから先がなく、バンバンもまた裏に抜けずに足元でボールを欲しがる悪い癖が出て、ボールをもらった瞬間市原DFに挟まれてボールを奪われてさようならという、こんなことなら家にこもってファミコンでけっきょく南極大冒険やってたほうが面白かったと思えるくらい情けない有様です。
 相も変わらずの状況の中、後半31分にはまたもや村井のクロスから崔の頭で追加点を許し、この日の出来から言えば絶望的とも言える2点差がついてしまいました。こういう流れの時はセットプレイに賭けるほかないのですが、そうは言っても曽田も殿も森くんもいない札幌、180cmを超える選手は洋平以外におらず(かろうじて先生が180cm)、俺フリーキックに賭けようにもいい位置でファウルを得るどころかその辺にすら行けない状況ではいかんともしがたい。チャンスらしいチャンスといえば俺王様のフリーキックをビジュがドンぴしゃでクリアしたり、失点を取り返そうと上がってきた健作のシュートがわずかに枠の外に行ったり、俺フリーキックが一発あったくらいで、後は自滅してシュートすら打てないような時間が続きました。

 終了間際に中尾が放り出されましたが、どんなスゴい選手だって残り3分で流れを変えろというのは難しいもの。経験の浅い中尾では言わずもがな、ただしカードだけはしっかりゲットしてましたけど。そんなわけで試合はそのまま何のネタもなく終了し、名古屋戦に引き続いて家にこもってMSXでデゼニランドやっていたほうがはるかにマシというようなアウェイ戦となったのでした。

印

戻る