サッカー百鬼夜行

降格の詔勅
2002/10/28
 朕深くJ1の大勢と札幌の現状とに鑑み
 非常の措置をもって時局を収拾せんと欲し
 ここに忠良なる爾道民に告ぐ
 朕はコンサドーレをしてJ1十五チームに対しその共同宣言を受諾する旨通告せしめたり
 そもそも北海道民の康寧を図り成績安泰の楽をともにするは
 シマフクロウの遺範にして朕の拳々措かざる所
 先に柱谷哲二を招聘せるゆえんもまた
 実にチームの自存と経営の安定とを庶幾するに
 出て他チームの監督を引き抜き戦力を削るか如きは固より朕が志にあらず
 然るに交戦すでに26試合を閲し
 朕が選手の勇戦 朕がスタッフの励精 朕が六百万道民の奉公
 各ゝ最善を尽せるにかかわらず戦局必ずしも好転せず
 J1の大勢また我に利あらず
 しかのみならず山瀬は新に六ヶ月なる重傷を被って
 しきりに今野がドナドナされ惨害の及ぶ所 真に測るべからざるに至る
 而も尚抵抗を継続せんか終に我がチームの滅亡を招来するのみならず
 延てサッカーの文化をも破却すべし
 斯の如くんば朕何をもってか百万の赤子を保しシマフクロウの神霊に謝せんや
 是れ朕がコンサドーレをして共同宣言に応ぜしむるに至れるゆえんなり
 朕はチームと共に終始チーム力の向上に協力せるスポンサーに対し
 遺憾の意を表せざるを得ず
 北海道民にしてスタジアムに死し応援に殉じ非命に斃れたる者及び
 その仲間に想を致せば五内為に裂く
 且トラウマを負い災禍を蒙り顔色を失いたる者の厚生に至りては
 朕の深く軫念する所なり

 おもうに今後札幌の受くべき苦難は固より尋常にあらず
 爾道民の衷情も朕よくこれを知る
 然れども朕は時運の趨く所
 堪ヘ難きを堪ヘ 忍び難きを忍び
 もってJリーグの為に太平を開かんと欲す
 朕はここにチームを護持し得て忠良なる爾道民の
 赤誠に信倚し常に爾道民と共に在り
 若し夫れ情の激する所 濫に事端を滋くし或は同胞排擠互に時局を乱り
 為に大道を誤り信義を世界に失うが如きは朕最もこれを戒む
 宜しく擧道一家子孫相伝ヘ確くコンサドーレの不滅を信じ
 任重くして道遠きを念い総力を将来の建設に傾け
 道義を篤くし志操を鞏くし誓てチームの昇格を発揚し
 Jリーグの進運に後れざらんことを期すべし
 爾道民それ克く朕が意を体せよ

中田 明良
印

戻る