サッカー百鬼夜行

伯剌西爾監督
2003/08/17
 母さん、ぼくのあの監督、どうしたんでせうね?
 ええ、夏、新潟から札幌へゆくみちで、ブラジルへ帰ったあの伯剌西爾監督ですよ。
 母さん、あれは好きな監督でしたよ。
 ぼくはあのときずいぶんくやしかった。
 だけど、いきなり5点も取られたもんだから。
 母さん、あのとき、向こうから若いゴールキーパーが来ましたっけね。
 深緑のユニフォームに手袋をした。
 そして救おうとして、ずいぶん骨折ってくれましたっけね。
 けれど、たうたうだめだった、
 なにしろ深い闇で、それにケガ人が1チーム分くらい出たんですもの。
 母さん、ほんとにあの監督どうなったでせう?
 そのとき傍らに咲いていたパスワークのサッカーはもうとうに枯れちゃったでせうね。
 そして、秋には、灰色の霧があのドームをこめ、このチームの下で毎晩サポーターが泣いたかもしれませんよ。
 母さん、そして、きっと今頃は、
 今夜あたりは、あの谷間に、静かに雪がつもっているでせう。
 昔、つやつや光った、あのスーツ姿の監督と、
 その裏にぼくが書いたJ.C という頭文字を埋めるように、静かに、寂しく。
印

戻る